コイ2

  • ルパン三世3
  • コイ2
無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年5月

2008年5月 6日 (火)

金沢を受験する人は…

私事ですが、連休中、金沢へ行ってきました。
金沢21世紀美術館へ足を運んできたんです。
金沢美術工芸大学を受験する方、楽しみにしていると良いことがあります。この、金沢21世紀美術館、すっげー面白い!

展示品は期間で変わるんですが、常設で『レアンドロのプール』 ってのがあります。
プールの上からと、中から、お互いを『水を通した目線で』見れるんです。

Dscf1127


Dscf1131

不思議でしょ。

富雄美術研究所にも、ここを目指している生徒さんもいます。

その方々にも是非私は言いたい。『楽しみにしていてください』って。

展示品だけでなく、建物自体が良く出来ている。少し迷路みたいなんだけど、ところどころにある『案内』が良くデザインされています。
さりげなく、かっこよく、判りやすい!

それに、ここのミュージアムショップもなかなかのもの。欲しくなるものであるばかりでなく、そこにある商品自体が、デザイン的に洗練されていないと置かれないと言う代物ばかり。

グラフィックであれ、プロダクトであれ、インダストリアルであれ……
デザインの見本・お手本が、わんさかとそこにはあります。

一足先に、私は買って来ました。
Dscf1219
これは、PhotoHanger(フォトハンガー)と言うんだそうです。
「写真に穴をあけたくない、でも飾りたい」
と、思った時に、これにはさんでぶら下げるために作ったんだそうです。
日本人デザイナーの作品です。


Dscf1220
これは、メモ。クロッキー帳にも使えます。
藁半紙っぽい紙で、ノートになっています。
これも、日本人デザイナーの作品です。


旅行であれ、買い物であれ、街ブラであれ、何かしろ得られるものは、街の中にいっぱい転がっています。
技術を磨くのは、富雄美術研究所のような所に行かないと、なかなか上達しませんが、頭の中のトレーニングと知識は、街の中に『お手本』が潜んでいます。

そんな何でもない事が、試験課題として出てくるんです。

みなさんも、歩く速度を少しだけ遅くして、見回してみてはいかがですか?

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »