コイ2

  • ルパン三世3
  • コイ2
無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月24日 (土)

受験生の最大の敵は?

センター試験もおわり、それぞれで一喜一憂していると思います。

次は、長年かけた技術の試験。本領を発揮です。もしセンター試験の結果が芳しくないとお悩みのあなた。
くよくよせずに、実力試験で、あなたの最大のモノを見せて来てあげて下さい!
それが、合格するんですよ、ほんと。

頑張って来てね!!


さて、私の回りでも、インフルエンザにかかったと云う声がちらほら耳にしだしました。
昨今、鳥インフルエンザとか、新型インフルエンザとか、昔は聞かなかった言葉を当たり前に聞きますね。
映画『感染列島』の公開も、なんか的を得すぎているように思えてなりません。

受験生の最大の敵は、『体調不良』です。
すべてが止まってしまいますからね。

中でもインフルエンザは大将軍です。

近所の人で、いまだにインフルエンザを「ひどい風邪」と思っている人がいました。
とんでもない話です。
症状が似ているだけで、全くの別のものだと解っていない。

だから、多少でも無理をして、外出し、『感染』と云う迷惑を振りまくんです。

インフルエンザは、大変なヘビー級の伝染病です。しかも、空気感染。

ペストがはやったと話が出ると、誰もが外出せず、じっとしますよね。天然痘だと、国によっては軍隊すら出動する所もあるでしょう。

天然痘よりは弱いウィルスですが、感染力は、天然痘よりも強いのが、インフルエンザウィルスです。
老人や子供は、本当に命すら危ない。

「最近の街は、危なくて」って、良く耳にしますが、これは危険の根源が人間としてますが、そんな時こそインフルエンザを話題にするべきだと思いますがねー。

受験生の皆さんも、自己防衛!これを徹底して下さいね。

もしインフルエンザにかかったら、病院以外は外出しない事。
これは、傷害罪に近い行動と言われていますよ、最近は。

熱が下がって、気分が良くなったからと言って、外出する人もいますが、実はこれもいけないんです。
熱が下がって、気分が良くなった日から、二日間は家にいて下さいとの事。あなたは楽になったかもしれませんが、まだまだ『インフルエンザ患者』です。感染源であるんですよ、その時でも。

皆さんも、インフルエンザは、かかるのも、うつすのも、最大限の御注意を!!

2009年1月 8日 (木)

連続投稿。さきに一つ前のブログを読んで下さるとありがたいです!

さて、連続投稿です。
今回は、一つ前のブログ記事にもちょっとだけ関係している事です。
ここも自分の事を書きましたが。
実は(エラそうだけど)受験生の方に読んで頂きたいと思って書きます。


以前仕事の先輩で『ネジフェチ』の人がいました。
同じように私は『歯車』です。算数大嫌いの私が歯車。。。。。『フェチ』とまではどうかと思いますが…

単体で見ても、組まれたものを見ても、奇麗な形だと思います。
良いモノを人類は作りましたねー。最大に使われたのは産業革命のイギリスでしょうか。

産業革命時代のロンドン、好きですねーその頃のデザイン。

それを支えているむき出しの歯車、良いですねー。

その頃の写真を見ると、どす黒くてスモッグがひどく、失業者が座り込んでいるストリートなどなど、奇麗なイメージはないですが、いろんなところに歯車の使われた機械がある。その写真が好きなんです。

無骨なデザインです。が、一生懸命何かを作るために考えだされた、なりふり構わない努力の形に好感が持てるんです。

その基本形が『歯車』
Haguruma


いまでは、無くてはならないモノ。小さな電動歯ブラシから自転車・バイク・自動車からはては発電所まで。大小様々な歯車の活躍がうれしくおもいます。


私は、歯車見ていると、「なんか作らにゃーいかん」と云う気分になってくるんです。
それを出来るかどうかは判らないけど、とにかくそう思うんです。


人の言う物ばかり(人に言われる物ばかり)作っていました。(まあ、デザイナーですから当たり前の事なんですが…)
そのうち、近いうちに、自分の欲しい物を作る、始めるようにしていくと思っていました。
(幸い、作家のような事が出来始めましたが…)

その、自分の中のシンボルみたいなのが、『歯車』なんです。
私の原動力です。


受験生の方は、今は、受験に向けて訓練中です。受験する大学向けに訓練をしているのが主な動きです。が、大学に入った時は、その制約から解き放されます。


もうすでに、なにかやりたい事を持っている方もいるでしょう。
持っていない方もいるでしょう。


でも、どちらにせよ、なんでもかまいません、自分の原動力になるモノや人を是非捜して下さい。


目標でもあり、自分の中の根源に巣食う『シンボル』です。


私は、高校生のとき、そんなものはありませんでした。ですから、『持て!』と強要は出来ません。が、これを早く見つけた人から順に、自分の世界を作れ、理想と幸せ(のようなもの)を手に入れられるんだと思います。


さあ、富雄美研の受験生さん。とっとと合格して、自分の世界の設計図を引こうじゃありませんか!!

あまり受験生には役に立たない内容かな??

さて、今回はちょっとサイクルが早い更新ですが、受験とあまり関係ない事を書きたいと思います。
まあ、私的な事なんですがね。でも、アートと絡めて書く事には変わりありませんよ。

私が最近(ここ10年近くですが)はまっているもの。『スチームパンク』です。

ご存知ですか?『スチームパンク』といった言葉。

これは、サイバーパンクより派生したSFのサブジャンルのひとつです。
スチームパンクは、本来の意味あいとしては「産業革命の原動力となった蒸気機関が、現実の歴史の絶頂期のありようを超越して発展した技術体系や社会を前提としたSF作品」などと形容することができ、反理想郷を描いた物です。

また、アートとしての一ジャンルにも最近は分類されます。
一昔前は、サイバーパンクとかレトロフューチャーとか言われていました。
レトロモダンのはっちゃけ風と言ったところでしょうか…

これに、10年くらい前から私ははまっているんです。

このスチームパンクデザインの世界観は、19世紀イギリスの産業革命の風合いが大いにかかわっていると言えば、なんとなくわかりますか?

さて、いくつか私のお気に入りですが、スチームパンクデザインの写真を載せましょう。

Tokei3
これは秀逸!!腕時計です。
でも、高い!!なんと1,600万円もするんだそうです!!


Tokei1


Tokei2
このふたつも時計!
私には、カッコイイ!!!に見えます!


Senpuuki
はい、これは、扇風機っす!


Megane1
メガネです!メガネ!!!
これは、マジ欲しい!!!!!!!!


Raito1


Raito2


Raito3


Raito4


Raito5

連続して、卓上ライトです。
これらは、スチームパンクデザインですが、他のグループのデザインにも入れられるかもしれませんね。
まあ、これが『レトロモダン』にはいるんでしょうね。


これらは、ある作家さんが自分の趣味兼アートとして作られた物です。

人のアートにはまっていて、自分がデザイナーだの作家だのと名乗っている私も変ですが、はまる物ははまるんです。


皆さんも、はまっているもの、ありますか?あれば、それをマジマジと見てみて、どんな風に作られたのか、どんな経緯で作られたのか、それはどんな形の集合体なのか……

案外、受験やアートの勉強には役に立つ物ですよ。

ご自分の趣味、ちょっと変わった角度から見直してみてはいかがかな?

2009年1月 6日 (火)

明けましておめでとうございます!

みなさん!明けましておめでとうございます!!

って、富雄美研の受験生さんたちは、2日からすでに冬期講習に入り、それを終えました。
国公立大学を受ける人たちは、センター試験が目の前に迫り、『勉強』の方も最大の力を出す時が来ました。

何とか頑張ってほしいもんです!!!!!!

さて、ちょっと思った事です。固い話ではありませんが…

さっきテレビを見ていたら車のコマーシャルだったかな?曲が懐かしい『プリンセスプリンセス』の『Diamonds』が使われていました。
20年前、バブル期に大ヒットした曲です。
私にとっては懐かしい曲なんですが。。。。。。。

受験生の皆さんは、今は最大の緊張と苦難を感じているのかもしれませんが、大学に入って、卒業した後、以外とこの苦難が懐かしく思うんです。
また、この苦難の後の大学生活がそれだけ楽しいものになっているモノです。

がんばって大学に入って、学生の身分での世界を飛び回ってほしい物です。
その瞬間瞬間を、刻んで行くように、自分の物にしてほしいと思います。


金のハンドルで 街を飛び回れ 楽しむ事にくぎづけ!

ブラウン管じゃわからない 景色が見たい!

針がおりる瞬間の 胸の鼓動を焼きつけろ

それは素敵なコレクション もっともっと並べたい

眠たくっても 嫌われても 年をとっても やめられない!

ダイアモンドだね AH いくつかの場面

AH うまく言えないけど 宝物だよ

あのとき感じた AH 予感は本物!

AH 今 私を動かしてる そんな気持ち


皆さんが大学生の間に、焼きつけられるほどの針がおりる瞬間に出会えるかも知れません。

そんな瞬間があるだろう『大学生活』を今から楽しみにしていると、結構受験の上での励みになりますよ。

私もそうだったもん。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »