コイ2

  • ルパン三世3
  • コイ2
無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月25日 (火)

さて、デザインの祭典が始まります

ちょっと久しぶりですが、デザインに関する情報が入りましたので、ご案内しましょう。

東京ビッグサイトで、最大級のデザインの祭典『GOOD DESIGN 2009』が、8月28・29・30日と開かれます。
『Gマーク選定商品』の展示会です。『Gマーク』、聞いた事あるでしょ。『グッドデザイン賞』の事です。
Logo


これから、大学を目指し、デザイナーを目指される方、一度は目標にしてみても良いかも。

グッドデザイン選定商品に選ばれたり、賞を受賞するには、結構高いハードルがあります。

これに参加するには、純粋に「商品として発売されている。実際に建設されている」が条件です。

つまり、《コンセプトとして考えただけ・図面に起こしただけ・イラストに仕上げただけ・ダミーを作っただけ》では、参加出来ません。
ちゃんと、デザインされたものが建設されて使われたり、実際にお店で売っていて、大量生産されているってのが条件です。
企業(会社)で、応募する訳です。個人参加は出来ません。

個人商店での手作り商品は対象外です。残念、個人商品でも良いのがたっぷりあるのにねー。
まあしかたない、これは置いといて。

受験生の皆さんが、グッドデザインを受賞するまでには、どんな道のりがあるのでしょうか。
順を追ってみましょう。
1.美大・芸大に合格する。
2.ちゃんと卒業する
3.モノ作りの企業に就職する。
※就職しないなら、自分でモノ作りの会社を興す。
4.一生懸命働いて、皆からの信用を得る。
5.商品製作チームやプロジェクトに入れてもらう(ここが、仕事態度や出来映えで左右されます)。
6.会社がその商品をGマークに申請する。
7.その商品が10万点以上の商品から、選考会で選ばれる。(これがまた高いハードル!)
8.その選定商品からさらに受賞商品に選ばれる。

大変ですよ、実際。

実は、かなり前ですが、この私もGマーク選定商品を作ったことがあります。レディスのスキー板をデザインしました。なんとか、選定商品に選ばれ、『Gマーク』の使用許可を貰いました。
受賞までは、まだまだですが……


商品の種類は、生活用品から鉄道車両・建築物まで、多岐にわたります。

デザイン科を受ける皆さんには、全員そのチャンスはある訳です。

もし、この期間に東京にいることができるなら、是非足を運んでみてはいかがかな?入場料は、1,000円とお安いです。

詳しくは
http://www.g-mark.org/expo/2009/

では、今年の受賞作品をいくつか(勝手に)載せてみます。こんなモノが受賞・選定されているんですよ。
もっと見たい人は、上記アドレスへGO!


ティッシュボックスです。
Image1_2

イス
Image2


大型プリンター
Image3


携帯電話
Image4


時計
Image5


オフィスデザイン
Image6_2

冷凍冷蔵庫
Image8


腕時計
Image9

メガネ
Image10

カバン
Image11_2

手袋
Image12

釣りのリール
Image13


電子ピアノ
Image14


ロボット
Image15


電動自転車
Image16


ゴミ箱
Image17_2

専門学校ビル
Image18_2


舌かき
Image_2

さて、あなたの目指す世界の商品は、ありましたか?
目標の一つにしてみてはいかがですか?

2009年8月 7日 (金)

私の家の遺跡から発掘された、秀逸なガジェット!

また、私事なんですが、気に入ったデザインの商品が発掘されましたので、これを題材に書きます。

写真の商品は、『SONYのジャッカル』ラテカセです。
知ってます?ラテカセって言葉。
ラジオ+カセット+テレビで、ラテカセ。

Dscf4121


ラジオとカセットで、ラジカセ。ラジカセは知っているでしょう。

さて、今回のラテカセ。
父親に頼まれて、実家の倉庫で探し物をしていたら、偶然発掘されたものです。

もう、30年近い前の商品です。

アンテナは無くなっていました。
音は、ガリガリ言います。
カセットは使えません。

でも、テレビは映りました!アンテナが無いのに!

テレビは白黒。当然地デジ対応ではありません。

ポンコツです。が、私の中では、秀逸のデザインなんです。

これの広告を見たとき、俄然欲しい!!って思っちゃいました。
このデザインに、惚れて惚れて、やっと買った商品です。

何でもかんでも突っ込む、当時の日本人のデザインが、はっきりと現れている商品ですね、これは。

また、この頃の電化製品は、ちょっと知識があったら、自分で修理出来たりします。
アンテナが無いと書きましたが、オリジナルアンテナはもう手に入らないでしょう。が、直径がほぼ同じアンテナが、電気街ででも見つかれば修理は可能です。多分もっときれいに映るでしょう。

私が中学生のとき、小型テレビがゴミ捨て場に捨ててあったのを拾って来て、アンテナと、いくつかの抵抗・コンデンサを買って来て、コツコツハンダ付けして修理したら、映りました。
今でもその小型テレビは映ります。

今の商品は、もし壊れたら、さすがの私でも手が出せません。携帯電話やワンセグテレビなんかは、ほんと、お手上げです。

今の商品は、性能はいいんですが、壊れたら買い替えと同じくらい修理費がかかる時があります。
こんな事……良いんだか、悪いんだか……

この頃の商品はなんでも、『元気があった日本』の姿が、ホントによく現れている。
今の商品で、それを感じれる商品がありますでしょうか。

流行・廃りはあります。いつの時代ででもです。


皆さんは、なんとしても手に入れたい商品はありますか?

なんとしても買いたい!あわよくば、なんとしても自分で作りたい!!

この気持ちが、デザイナーや作家や画家になる原動力です。

何も古い物ばかりが良い訳ではありません。

こんな事が、なりたい職業の目標になったりもするんです。


さあ、受験生の皆さんも、探してみよう!目標になる自分なりのガジェットを!!

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »