コイ2

  • ルパン三世3
  • コイ2
無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月28日 (土)

今回はご案内 しかもお得!

受験シーズンになってきました。次々とうちの生徒たちは、受験会場に向かっております!

さて、まだ美大受験を控えている方々、富雄美術研究所では、冬期講習を行います!
これが、毎年、実力アップにすごい繋がっている。
我々スタッフも驚いているんです。

美大・芸大受験を控えていて、既に訓練をしているけど、まだ不安な方、
でっかいコツをお教えいたしますよ。
って、書き過ぎかな。でも、受けた方みんな、大学へ行っちまったい。
(我々は、正直、寂しいんですがねー、合格するのはスッゲー嬉しいんだけど)

さてさて、詳細です。

せひ、お越し下さいな。
---------------------------------------
富雄美研 冬期講習

12/28(月)〜30(水)
1/2(土)〜5(火)
AM9:00〜PM5:00

受講料 35,000円(モデル代のみ実費)

対象:受験生 及び 高校1年生 高校2年生

お申込は、
10:00〜18:00 0742-43-1914アトリエアルファ内
18:00〜21:00  0742-44-0198 教室

2009年11月21日 (土)

自然界のデザイン

前回のブログでは、コンテナの中に作った比較的大きなアートを紹介しました。
今回は、めちゃくちゃ小さいものです。

人間が作ったものではありません。でも、なんじゃこりゃってなものです。

ちょっと前、『へんてこな生き物』って本がヒットしましたが、それに載せても良いかもって生き物です。

実は、ウィルス。

こいつは、バクテリアに感染して菌体内で増殖する細菌ウイルスで「バクテリオファージ」って言います。このクモのような、ゲームのキャラのような姿をしているのがそうなんです。
20091116t4bacteriophage

この写真は、コンピュータで作った画像。

現物の写真は、これです。
091118500x_bacteriophage2

なんか、人工的に作ったみたいでしょ。
このバクテリオファージは、電子顕微鏡でしか見えないほど微小のウイルスなんですけど、こいつは植物や動物の細胞を攻撃するんじゃなくて、バクテリアにピタッと着陸して時間をかけて自分のDNAを注入し、そのDNAを基に自分のコピーをガンガン作っていくんです。なんか、一度狙われたらも勝ち目が無いのでは...と絶望的になるぐらい怖いですよね。

ほんの数分で、ウイルス性のメッセンジャーRNAは細菌リボソームに自分のタンパク質を作らせ、バクテリアをウイルス工場に変身させることが出来ちゃうそうです。

「すわっ、殺人ウィルスかっ!」と思いがちですが、アメリカの食品医薬品局が食品添加物として、このバクテリオファージを認可したんです。役目は、抗生物質の代わりに肉製品などについてる有害なバクテリアを殺菌すること。バクテリオファージをシューっとスプレーするらしいですよ。

つまり、無害。(今のところは……)

五角形の頭みたいな部分には、遺伝物質が詰まっているそうです。


当たり前ですが、ウィルスの世界も生存競争が熾烈なんです。

でも、あまりにも『デザインした』って感じの形じゃないですか。ほんと、人工的に見えます。

DNAもデザインした形に見えるんだから、我々が考える『デザイン』てのも、本当は、脳の中にこんな生き物がいて、それを我々人間に考えさせているのかもしれませんね。


ウィルスの世界でも、こんな競争が繰り広げられているんです。
受験生の皆さんも、勝ち抜いて下さい。

まあ、ウィルスの世界みたいに、負けたら死ぬってことはありませんが、就きたい職業からは、離れてしまいます。
今のうちですよー、競争に勝つ力をつけるのは。

まあ、今つけておかないと、後からがもっと苦しいけど。

あとからする苦行は、受験なんてのは比べ物にならないくらいしんどいものです。

2009年11月 5日 (木)

今度は神戸のアート

現在神戸で開かれている『神戸ビエンナーレ2009』へ行ってきました。

『ビエンナーレ』、受験生の皆さん、意味を知っていますか?
ビエンナーレ(biennale)とは、2年に一度開かれる美術展覧会のこと。
原意はイタリア語で「2年に一度」と云う意味です。

二年に一度、神戸メリケンパークをメイン会場に開かれるアートの祭典です。

この神戸ビエンナーレ、神戸港で開かれるだけあって、コンテナの中に作品を展開します。見たり・体感したりするインスタレーション型のアートを観賞出来ます。

一部をご紹介しましょう。

これは、紙で出来た神社だそうです。
中に入っていって、体感出来ます。
Sany0488

これは、光ファイバーと鏡で出来た光のオブジェ。
じっと見ていると、ちょっと酔いそうになる。
Sany0493

写真に写っているコンテナの中にいろんな作品が組み込まれています。
Sany0496

ダンボールで出来た仏様や阿弥陀様
Sany0505

この字、実は書いてあるんじゃないんです。布に糸で縫ってあるんです。驚き!
Sany0508

書道もあり!テーマは『和』『輪』
Sany0515

これは縄文時代を新しく作り直したものだそうです。
よく考えましたよね、コレ。
Sany0516

これはコンテナ内一杯に貼られた時計。ちゃんと動いています。
こんだけの数があると、針が進む音がコンテナ内に反響し、不思議な音と振動を体感出来ます。
Sany0544

この輪っか、すべて布とウレタン製で、全部がジッパーて繋がっているんです。
Sany0546

これは、蛍光灯を繋げ、音に合わせてリズミカルに光が変わっていきます。
Sany0553

これは会場メインエントランス。木だけで組まれた門です。
Sany0556


このビエンナーレには、デザイン、油絵、彫刻、舞台美術、照明、生け花、書道、映像……
皆さんが受験しようとしているすべての学科(項目)が一堂に会しています。

受験の役に立つかどうかは解りませんが、受験が終わったり、休憩がてらに、ぜひ街へ出て、こんなものを探して見る事をおすすめします。
このビエンナーレにあるもの総てが、みなさんの目標であり、お手本であり、未来のあなたの姿だと思います。

こんな会場に行って、デザインやアートを学べと言っているのではありません。
こんな世界で活躍している人たちを見て、受験や就職、果ては創作意欲のテンションをあげる材料にしてほしいのです。
私も実際にやっています。

モノを作るってのは、一番の根源にあるのは、『テンション』ですからね。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »