コイ2

  • ルパン三世3
  • コイ2
無料ブログはココログ

« 昔のコマーシャル | トップページ | なぁんでこんな事が思いつかなかったんだろ… »

2010年5月 8日 (土)

見た目……

今回の話題は、『見た目』。

お話の題材には『金庫』を選びました。

まず、この二つの写真を見て下さい。

090903door

Gat130_b

どちらも金庫です。

そして、どちらが頑丈そうに見えますか?

私は一枚目の写真の金庫の方が頑丈に見えます。また、破りにくくも見えます。

一枚目の写真は、横浜銀行旧本店で実際に使用されていた金庫扉。
二枚目の写真は、現在販売されている最新式の金庫。

まあ、大きさに差はありますが、実際問題、安全性は二枚目の写真の方が安全。
デジタルロック式で、キー番号の組み合わせは、数億通りで、しかも指紋認証式。

でも、「ハイ、どちらかの金庫にお預けください」と言われれば、一枚目の写真の金庫に預けてしまいそうですよね。


「見た目に騙される」と言う言葉をよく聞きますが、我々デザイナーは、『見た目で騙す』『見た目で工夫する』『見た目で勝負する』といった性質の強い仕事です。
安いものをちょっとでも高く見せる。
高いものをちょっとでも安く見せる。
弱いものをちょっとでも強く見せる。
大きいものをちょっとでも小さく見せる。
小さいものを………

クライアントの要望に応えるために、ちょっとでも良い方へと見せる工夫をデザイナーは学び続けます。

彫刻家・画家だと、『殺風景なところへ、華を!』といった要望に応えないといけませんよね。

いまのうちに、『騙しのテクニック』(あまり良い言い方ではありませんが)を学んで下さい。
もちろん、その技術は、人に喜ばれるためのみに使うもんです!!


ちなみに、古い方の金庫の扉は、現在、横浜市地下鉄みなとみらい線、馬車道駅のコンコースに展示されています。
お近くの方は、見に行ってみては?

« 昔のコマーシャル | トップページ | なぁんでこんな事が思いつかなかったんだろ… »