コイ2

  • ルパン三世3
  • コイ2
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月25日 (月)

マンモスの牙

みなさん、マンモスって聞くと、まず何を思い浮かべます?

私は、これっ。
Ef065c320f99402150de93da56af299c
うまそうな、マンモスの肉です(笑)

アニメ、始め人間ギャートルズで原始人一家が豪勢な食事としてマンモスの肉を食べていました。
E3839ee383b3e383a2e382b9e88289

こーんなふうに、みんなでかぶりついていました。
これがえらいうまそうに見ていたんです。

こいつが、お食事になったマンモス『マンモー』
Thumb

さて、マンモスと言えば『旨そう…』って言うだけでなく、巨大な牙も思い出されます。

マンモスが絶滅したのは、牙が巨大になりすぎて身動きが取れなくなり、天敵の肉食獣(人間も含む)に絶滅寸前まで減らされ、さらに寒冷化で食べる植物もなくなり、歴史上から消えていったっていうのが通説です。

これを、哲学的に考えることができる、そんな学問があるんだそうです。
読みかじった事をちょっとだけ紹介します。

マンモスの牙は、最初はそんな巨大ではありませんでした。
数万年前の世界では、マンモスは陸上動物では最大種で、小型の捕食者からの攻撃から身を守るため、牙をドンドン巨大化させていたったそうです。

また、同じマンモス同士でメスを争う時に、自分の威厳を増す為にも牙はドンドン巨大になっていきます。
Odaiba_manmoth

この牙を見ると、円形に曲がって行き、円の中心へと渦を巻くように生えていきます。

何の根拠もない威厳を増していった結果、牙は円と渦を描き、重さに耐えられなくなり、とうとう母体のマンモス自身が死んでしまう。

「これでいい」と信じたまま育った牙は、母体を滅ぼす。
これを、人間の科学力や社会に例えた考え方があるそうです。

「これでいい」と信じて突き進むと、他の事が見えなくなり、次第にその考えは渦を巻いて中心へ向かい、出口が無くなり、文明は滅ぶと言うのです。

また、途中で間違いに気づき、修正を図っても、その時点がマンモスの牙のように円を一周描いてしまった後では、牙をのばしていっても、所詮『円』になり、始まりも終わりもない『時空間に閉じ込められる』と言う現象が起こるのだそうです。
「間違いに気づくのが遅過ぎると、何をしても無駄」と言う事らしいのです。

難しい考え方ですね。


マンモスの牙はそれほど巨大で、いろんなことを考えさせられるものだと言う事です。
Mannmosu_edited

ほんと、でっかいですね。

この写真は、愛・地球博で展示された『ユカギルマンモス』の頭骨。牙もりっぱなものです。
Mammoth_03
まさに閉じられた空間に向かっているように思えます。

我々も、ちゃんと考えなきゃね。
『絶対!安全!』と言い続けた原子力発電所が、いままさに使い続けるかどうかの瀬戸際にいます。
科学の慢心の見本のようなことが今起こっています。


さて、マンモスって、えらく太古の生き物と思うでしょ。
たしかに、400万年前からいる象なんだけど、数千年前にほぼ絶滅とされ、記録では、紀元前1700年頃に、東シベリアの沖合にある北極海(チュクチ海)上のウランゲリ島で最後のマンモスが狩猟されたというのがあるそうです。

そのころは、
日本では縄文時代。
中国では殷が滅び、周王朝が建国。
エジプトはラムセス2世の政治が行われ、中国でハレー彗星が記録され、ギリシアで最古の文字による記録が残された時代でした。

意外と近代までマンモスは生きていたんです。


それと、氷付けのマンモスが見つかった事で、日本、ロシア、中国が、マンモスのDNAを採取し、現生する象のDNAと比較・研究・利用をすることで、『クローンマンモス』を作ろうとしています。

生きたマンモスを見られるのは良いけど、『マンモスの牙』の意味をもう一度、この人たちには考えてほしく思うんですが………

受験生・大学生の皆さんも、『これでいいんだっ!』って妄信せずに、いろんな人の意見を聞き、自分の知識の泉に貯めていって下さいね。

2011年4月 5日 (火)

面白い話しを考えて下さい  タイムパラドックス編

みなさんは、

『もしもあの時、◯◯していたら……』

と、考えたことはありませんか?
あるでしょう。しかも、しょっちゅう。

もし、あの時あの子に声を掛けていたら…
もし、あの時あの角を曲がっていたら…
もし、あの時電車に乗らなければ…
もし、あの時あそこに行かなければ…

もし、あの時これを思いついていれば、受験に◯◯なっていたかも…


わたしなんか、しょっちゅう考えています。

『もし、あの時…』っていうのは、よく後悔する時に使われます。たしかにそうです。
「もしあの時に◯◯したらなんて思うな!」と怒られる時もあるでしょう。
そう、後悔するのに、『もし、あの時』を使うならば、ろくなことはありません。

ですが、《何かを想像するとき》《何かを創造する時》に使う『もし、あの時』を使ったならば、面白い話しが考えだされます。

よく、SF映画に使われるのはそのためです。
人間、もしあの時と思ってもどうしようも出来ない。だから諦めて新しい事に邁進する。これは本来正しい行動です。
ですが、なんかもやもやが残ってしまいます。
それを、少しでも和らげ、楽しませる目的で『もし、あの時…』を使ったストーリーが、一流クリエーター達によって考えだされ、我々を楽しませてくれます。


『もし、あの時…』
これは、物理学でもあり、哲学でもよく研究題材に用いられるのは、そのためです。
『もし、あの時…』は、危険ではあるけれども、魅力的でもあるんです。
諸刃の剣ですね。

重複ですが『もし、あの時…』を使ったストーリーは小説になり、映画にもよく採用されます。
ですが、ストーリーを面白くするために、いろんな障害や苦悩をも描き出されます。タダ楽しいだけではないと言う話しにして、我々を楽しませてくれます。

三つほどそのストーリーを用いた映画をご紹介しましょう。
どれもが、『タイムパラドックス』を考えさせてくれるお話です。

あ、『タイムパラドックス』ってのは、
《もし》自分が過去に行って、自分が産まれる前の親を殺したらどうなるか。
自分は産まれない。
産まれないんだから、タイムトラベルは無い。
タイムトラベルが無いんだから、親は死なない。
親が死なないんだから、自分は産まれる。
自分が産まれるから、タイムトラベルをして、親を殺す。
親を殺せば、自分は産まれない。
産まれないんだから、タイムトラベルは無い……

考えても終わらないストーリーになります。
このジレンマが、『タイムパラドックス』です。

タイムパラドックスには、種類があります。

まず、
『過去を変えることは出来ない』
これは、『ターミネーター』が当てはまります。
Terminator_1
未来からやって来た殺人マシーンは、未来の指導者の母親を殺そうとする。だが、その母親を守るために、未来から男が送り込まれて、結局は未来の指導者の父親になる、と言うストーリーです。


次に、
『過去を変えることは出来る』
これは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が当てはまります。
E38390e38383e382afefbc91
自分の親の青春に立ち入ってしまいしっちゃかめっちゃかになります。


次に、
『過去を変えると世界が分岐する』
これも、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に描かれています。
おかげでかなり変わってしまった未来へ主人公は行ってしまいます。
510270y1y2l_sl500_aa300_


そして次に、
『過去を変えても大きな流れは変らない』
これは、『戦国自衛隊』に描かれています。
Pkg1871

Daba196_l

M000011601510002
歴史をいじくり回しても、結局は自分はその歴史内の人物に当てはめられてしまいます。



歴史が閉じるといった変わった想像をされたストーリーもあります。
『猿の惑星』シリーズです。
Pla_2

Images

25_2

さて、富雄美研の皆さんも、『もし、あの時…』を《良い方に》利用して、面白いストーリーを考えてみてはいかがですか?
これらを考える癖が出来たならば、きっと『構想画』『着彩画』『デザイン演習』なんか怖いものでは無くなるはずです。


面白い映画や小説を探して、自分の糧に出来るよう頑張って下さいね。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »