コイ2

  • ルパン三世3
  • コイ2
無料ブログはココログ

« グッドデザイン&バッドデザイン | トップページ | Appleから学ぶデザイン »

2011年9月27日 (火)

銭形平次  イメージによる数の話し

銭形平次をご存知でしょう。
野村胡堂による小説、またはこの小説を基にした映画やテレビドラマ・舞台の作品の主人公です。まあ、架空の人物ですわな。

神田明神下に住む岡っ引きの平次(通称 銭形平次)が、子分の八五郎(通称:ガラッ八)と共にすごい推理力と寛永通宝による「投げ銭」を駆使し、事件を鮮やかに解決していくお話ですね。

その、岡っ引きが武器(捕具)として持っているのが『十手』。

でも十手はどうやら、江戸時代の同心に仕える小者(こもの)に支給されていた物で、銭形平次のような岡っ引き・目明かしには渡されなかったようです。

それは、岡っ引き・目明かしは、正式な警察官としてではなく、同心が非合法で雇っていた者の事ですから、正式な武器は支給されなかったようです。

ですが、岡っ引き・目明かしの中には、自前で十手を買って持っていた者も多かったみたいですね。


さて、その『十手』の事です。
『十手』と言いながら、使い道が十通りと言う訳ではありません。
もちろんただの鉄の棒ですので、いくらでも使い方はあるだろうから『百手』と言っても良いかもしれませんけどね。

まあ、普通は、刀を受けたり、ねじって刀を折ったり、グリップの飾り紐をほどいて、なげわっぱみたいに使ったりと、使い方を考えて作られてはいます。
Photo

グリップの紐(房)にはいろんな色があったそうですが、唯一、紫だけは使用や模倣が禁止されていました。それは、朝廷や幕府から(紫房は)恩賞などに用いる特別な物につける色だったからだそうです。
色には制限があたんですねー。

使い道が十通りではないのに、『十手』。
これは手に持てるサイズで、幾通りもの使い道があると云う意味から、『十手』呼ばれるようになりました。


似た言葉に、『大江戸八百八町』があります。
江戸に808もの数の町があった訳ではありません。「その数に思えるくらい大きな都市」と云う意味です。

また、『上方八百八橋』では、大坂に808本の橋があった訳ではなく、それだけ川や運河が多かったと言う意味です。

続いて、『八百万(やおよろず)の神』。日本に神様が800万人いた訳ではありません。それだけたくさんの万物に神が宿っているという意味になります。


なんで八百八?808?

それは、『八』と云う漢字は「末広がりの八」と言って、縁起がいいとされています。今でもそうです。
『八』と『八』の間に、「多めの数を表す」『百』を挟めば、「縁起よさが倍になり、たくさん◯◯があって、808という途方もない数だというイメージがある」と云う意味を掛け合わせたところ『八百八』が使われるようになったんだそうです。

『八百八』。縁起よくて、イメージが膨らみ、粋な感じが出ていますねー。

いやー、ホント、昔の人は、模様やデザインだけでなく、『言葉遣いの感覚』もずば抜けていますね。
見習いたいもんです。

« グッドデザイン&バッドデザイン | トップページ | Appleから学ぶデザイン »