コイ2

  • ルパン三世3
  • コイ2
無料ブログはココログ

« 銭形平次  イメージによる数の話し | トップページ | Appleから学ぶデザイン 2 »

2011年10月 6日 (木)

Appleから学ぶデザイン

昨日(10/5)、米国Apple社の前最高責任者のスティーブ・ジョブズ取締役会会長が亡くなったと発表されました。すい臓ガンだったそうです。
スティーブ・ジョブズは、Macintoshを家のガレージで仲間と開発し、世界で初めてマウスを使って入力出来る家庭用コンピュータを作った人です。
そのMacintosh方式は、今やWindowsだけでなく、あらゆる方式のコンピュータに使われています。

アップルの取締役会はジョブズ氏の死去について声明を発表し、「スティーブの才能、熱意、エネルギーは、すべての人々の生活を豊かにし、改善するための数限りないイノベーションの源泉となってきた。スティーブのおかけで、世界は計り知れないほど豊かになった」述べ、ジョブズ氏の功績を称えています。

私個人がAppleコンピューターの利用者と言う事もそうですが、Apple社のデザインは、ハード面でもソフト面でも、世界で認められていました。

ハード面では、コンピュータやiPhone、iPadのデザインは、中国を筆頭に真似をされ、みんなこぞってiPhone・iPadのデザイン機器を持っています。

ですが、やはりバッタものの中国製では、本家Apple製品の性能には勝てない。ソフト面でもAppleは世界トップクラスの製品です。


いろんな製品セールスの為のポスターやディスプレイ、チラシやカードに至るまで、Appleのデザインはシンプルでかっこよく、世界のデザイナーにも影響を多大に与えています。

以下の写真ですが、

Photo

今日(10/6)のApple社ホームページのトップページです。

ここにも、Appleのデザイン理念がしっかり活かされています。

他の会社なら、(想像ですが)亡くなった会長への哀悼の意をたっぷり書き、お固い言葉で利用者へご報告を書き込むと思います。

しかし、Appleのホームページは、
製品のアピールをいっさい消し、スティーブ・ジョブズ氏のモノクロ写真を大きく載せ、名前と生存年を記しただけ。

色も、飾りもなく、強い意志を持ったスティーブ・ジョブズ氏が私たちを見つめている写真を使っています。しかもモノクロで。

これは、スティーブ・ジョブズ氏が世界で有名だから出来る事ではありますが、ある一人の男の死を、会った事も無い世界中の人へのアピールとして、最大限のシンプルさで発信している、とてもすばらしいデザインのホームページです。
ホームページの写真をクリックすると、Apple社からのメッゼージも読めます。
ジョブズ氏のカリスマ性がますます増大する表現になっています。

良い写真は語ると言いますが、このことを本当に良くデザインされた一面です。

受験生の皆さんも、いっぱい紙面に書き込むのではなく、『言いたい事を端的に。主役の精錬度を充分高めたデザイン構成』と言うのを学んでいって下さい。

一度、Apple社のホームページを見てみてください。案外、あなたに取っていい物が手に入るかもしれませんよ。


« 銭形平次  イメージによる数の話し | トップページ | Appleから学ぶデザイン 2 »