コイ2

  • ルパン三世3
  • コイ2
無料ブログはココログ

文化・芸術

2011年8月 2日 (火)

カーナビの使い方!

最近のカーナビの性能は目覚ましいものがありますね。
初めの頃は、自分の位置と目的地までの道順さえ判れば事足りたんですが、今や渋滞情報はおろか、工事の予定や天候、スピード制限まで画面に表示されます。
情報がおてんこもりです。

このカーナビにも、デザイナーの力が活かされています。

あの小さな画面にそれだけの情報が表示されるわけですから、見やすい表示というのが絶対条件です。
それを考え、プログラマーに指示するのが、デザイナーの仕事です。プログラマー自身がデザイナーと言う事は多々ありますが。

メーカによって、見やすい表示・見にくい表示がどうしても出てきます。デザイナーとしての腕の見せ所です。

また、ボタンの配置(画面の外・中、色々ありますが)も、かなり重要な要素です。場合によっては運転しながら素早くいじる機械ですからね。

さて、皆さんの車には(学生さんは車がない場合が多いけど……)どんな機能のあるカーナビが付いていますか?
テレビが見れたり、映画が楽しめたり、音楽まで聞けて、ボイスメモまである機械がありますね。かなりぜいたくなカーナビゲーションシステムですが。。。。。。。

値段も様々。安いカーナビには、テレビ機能が無いものもあります。

でも、ちょっと面白い使い方をご紹介しましょう。カーナビの値段に関係なくです。

カーナビをいつも使うわけではありませんよね。近所のいつものコンビニに行くのに、わざわざカーナビをセットしません。

そんなとき、こんな事をしてみて下さい。

カーナビ表示を、最大にするんです。場合によっては、朝鮮半島や中国大陸まで見れるかもしれません。
そして、カーナビ設定は、『進行方向が必ず画面上』にします。

で、走ってみて下さい。

Photo


日本列島が、グルグル回るでしょ……

いっぺんやってみて下さいな。意外と、面白い!

そして、簡単に、        飽きる。。。。。。。。。。。。。

まあ、いつもの付いていて当たり前のカーナビ。
使う事も飽きたり、必要でなかったり……

でも、こんな事してでも使ってやって下さい。
この商品を作るのに、どれだけの人が徹夜をし、自分の事を犠牲にしながら出来上がった商品化を想像しながら……

あ、でもこう云う使い方は、交通量の少ない、安全な所でやってね。
また、ちょくちょくカーナビを気にしてると、、、、、、、酔うよ。。。。。。。。


デザイナーを目指している方々、こんな商品を作るのにも、連日徹夜と言う事を覚悟して、職業を選んで下さい(笑)


2009年4月 2日 (木)

アロハシャツ

アロハシャツというのを皆さんもご存知でしょう。
ハワイでの定番!まるで民族衣装のようにも思えるくらい、当たり前のものですね。

ですが、このアロハシャツ、実は日本人が考えたものとされています。

太平洋戦争前、ハワイへ移民した日本人たちがハワイでの自分たちの存在とアピールを込め、さらに染物の技術をつかい、ごく単純なハワイの風景や模様をシャツに染めこんだのが始まりだそうです。

このアロハシャツには、特に「デザイナー」といった職業の人がかかわっているわけではありませんでした。

移民した日本人たちが、茶目っ気と自分たちの存在をかけて作り上げたものです。


それが今や「ハワイといえばこれ!」といえるくらいの存在になりました。
アメリカ(ハワイ)にとっては、日本人は外国人。その人たちが作ったものがその国(その地域)の定番となり、世界中で認識されているわけです。

シャツにとどまらず、飛行機のペイント・店舗のデザイン・シャツ以外のファッションとあらゆるところに使われています。

このブログをご覧の受験生さん・大学生さんは、将来の「職業」を模索または実現に向けて活動中のことと思います。

ひょんなことから作品やデザインや商品が生まれてきますが、そのときにいつも関わっているのは、「想い」です。
何を作るかではなく、なんとしても作る・これを作らないと現状を脱せない!こんな強い想いが、作品に反映され、またそれがあなたを助けるお金になるんです。

職業によっては学歴も意味を持つことは間違っていません。たしかにそんなことも存在します。
では、学歴がなければもう先はないんでしょうか?
そんなことはないんです!名もなき人たち、普通の社員たちが、びっくりするほどの高品質なもの・すばらしい機能のもの・優れたデザインを本当にたくさん作り出しているんです。

チャンスはどこにでも転がっていて、なかなか気づかないもの……
ある意味、手に入れるのは至難の業なのかもしれません。
が、本当に簡単な事でもあるんです!Dscf3211


2008年4月25日 (金)

富雄美術研究所ブログ

富雄美術研究所のブログを開設する予定です。

このページは実験として表示しています。

今しばらく、お待ちください。

その他のカテゴリー